コーヒーダイエットは可能か?

コーヒーダイエットは可能か?

コーヒーによってダイエットができるということが最近言われていますが、その理由はクロロゲン酸やカフェインによる効果です。

 

カフェインは有名ですが、クロロゲン酸は聞きなれないという人も多いでしょう。クロロゲン酸は、コーヒーに含まれているポリフェノールです。カフェインは血行を促進し、代謝アップをもたらすと言われていて、またクロロゲン酸は体の細胞を活性化させて代謝を高め、特に脂肪燃焼に効果が高いと言われています。

 

コーヒーを飲むことによってダイエットができると言いますが、これはコーヒーを飲むだけでなく、一緒に運動などを行うことも大事です。30分ほど前にコーヒーを飲んでから運動すると、カフェインなどの効果が出てきて痩せやすくなると言われています。

 

ダイエットをするなら注意したいのがコーヒーのカロリーで、ブラックで飲む人はさほど問題ないのですが、普段から砂糖やクリーム、ミルクなどを入れている人は、これが余分なカロリーの元になりますからこれを入れないように注意しなくてはなりません。

 

コーヒーダイエットの注意は、カフェインの効果によって胃酸の分泌が進むため、あまり空腹時にコーヒーを飲み、運動をしてしまうと、胃が荒れてしまう原因になるということです。基本的にダイエットだとしても、運動前には少しお腹に何か入れておくべきで、間違った方法でのダイエットは体調を崩す元になりますから注意しましょう。

 

成功した人はやはり正しい方法で行なっていて、失敗する人は間違った方法になっていることが多いです。正しい方法でダイエットを成功させましょう。