コーヒーと肝臓

コーヒーと肝臓

コーヒーをよく飲む人は飲まない人と比較すると肝臓がんになりにくいそうです。これはコーヒーに含まれるポリフェノールの働きによるものと思われます。

 

一方で、コーヒーは肝臓に負担であるという意見もあります。これはコーヒーに含まれるカフェインが肝臓において処理されるからで、カフェインが多くなるほど肝臓には負担がかかってしまうことになります。

 

ですから、摂取量のバランスが大切で、飲めば飲むほど効果的というよりは、適度に飲むことが良いのだということになります。

 

ポリフェノールは日々続けて摂取しなければその抗酸化作用があまり効果を発揮しませんし、一方でカフェインによる肝臓へのダメージが、肝臓の処理能力を落とさない程度の量を見極めていく必要があることになります。

 

実際、そういった点を比べるのは難しいものですが、基本的には肝臓の機能というのは、普段のコンディションに表れます。もしも、疲れやすさを感じたり、肌の調子が悪くなったと感じるなら、肝臓に疲れが生じている可能性が高いです。

 

こういった場合にはカフェインの量が多いと考えられるので、コーヒーをはじめとして、肝臓に負担となっているものの摂取は控えた方が良いでしょう。肝臓にやさしい食品を多く摂取するようにするなどの対策が必要かもしれませんね。

 

このように考えると、コーヒーを飲む人の中にも、休肝日が必要になるのかもしれません。肝臓の健康を維持することは、長期的に大事なことになりますから、普段から意識しておくのが良いでしょう。