コーヒーは育毛の敵?味方?

コーヒーは育毛の敵?味方?

コーヒーの摂取によって、薄毛が起こる人もいるようです。これはコーヒーに含まれるカフェインの作用が少なからず影響していると考えられます。コーヒーは、実は育毛作用があるとも、薄毛の原因になるとも言うことができます。

 

カフェインは一時的に血管を収縮させてしまいますが、一方で収縮後はリバウンドとして血管が拡張するため、それで血行が改善されるケースがあります。育毛においては血行は重要な問題ですから、血行の改善によって良い影響が頭皮に出ることが考えられます。

 

また、薄毛の原因である男性ホルモンのテストステロンをカフェインが抑制してくれるとも言われています。カフェインによって悪玉の男性ホルモンへの変質を防ぐことができると考えられているのです。

 

カフェインが薄毛の原因になると言われているのは、睡眠の質を下げてしまい、睡眠中の成長ホルモンの分泌を妨げてしまう可能性があるからです。カフェインを摂取して寝ると、寝起きが良くなるというよりは良く眠れなくて覚醒してしまうので、これを履き違えるとトラブルになります。

 

また、カフェインを含むコーヒーやお茶などは、ミネラル分の吸収を妨げてしまうという特性がありますので、それが結果的に薄毛の原因になることも考えられます。

 

結局どうなのかということになりますが、総合的にはプラスマイナスがあったとしても大きなものではありませんから、カフェインを気にするよりは他の面で育毛を頑張る方が良いのではないかと思います。