妊娠後はカフェイン摂取を控えるべき理由

妊娠後はカフェイン摂取を控えるべき理由

カフェインは覚醒作用や解熱鎮痛作用がある医薬品でもあり、市販の頭痛薬などにも配合されているのですが、私たちには普段飲んでいるコーヒーや紅茶、ココアなどがより身近ですよね。

 

普段飲んでいる飲み物にもカフェインが含まれていることが多いのですが、これが妊娠中の女性や赤ちゃんにとってはあまり良いものではありません。カフェインの摂取量が多い妊婦は流産のリスクが高まると言われています。コーヒーを1日8杯以上飲むなら、死産のリスクも高まるそうです。

 

この原因がはっきりしているわけではありませんが、有力な説として、胎盤への血流量が減少することが指摘されています。タバコも同様ですが、血管を収縮させる働きがあるため、これが血流量の減少をもたらしていると考えられるのです。

 

また、カフェインが胎盤を通り赤ちゃんにも移行し、カフェインによる興奮作用で赤ちゃんがイライラしてしまう可能性があります。乳幼児突然死症候群といった大きなトラブルも生じやすくなると言われているので注意が必要です。

 

カフェインは尿からのカルシウム排出が促されるという点がありますから、これによって必要な栄養素が不足してしまうと、当然母体や赤ちゃんに影響が出てしまいますので、この点についても注意が必要となります。

 

コーヒーや紅茶、お茶に含まれるタンニンは、鉄分の吸収を妨げることがありますので、嗜好品からのカフェイン摂取は止めておいた方が良いでしょう。

 

以上のことから、妊婦さんにはカフェインの摂取を控えるように医師から指示があると思います。ただ、急に止めるのは難しいので、妊娠の可能性があるときはカフェインの摂取を控え始めたほうが良いでしょう。